お花生活初心者によるお花のサブスク比較 ハナノヒ・ブルーミー・ピュアフラワー 

お花のある生活への憧れってありませんか?
でも普段からお花にあまり馴染みがないと、どんなお花を選ぶと良いのか、値段はどれぐらいするのか、今ひとつイメージが湧きません。
私もそんなところでつまずいて、なかなかお花屋さんに向かうことができず、お花のある生活に縁がありませんでした。
そこでお花のサブスクリプションサービスを使うことでお花を日々の生活に取り入れてみることとしました。
お花のサブスクリプションにも色々ありますが、これまでに使ってみたハナノヒ、ブルーミー、ピュアフラワーという3つのサービスの特徴と感想についてまとめてみたいと思います。

ハナノヒってどんなサービス?

まず最初に試してみたサービスはハナノヒという日比谷花壇がやっているサービスでした。
専用のアプリをスマホに入れて、プランを申し込むのですが、ハナノヒは自分でお店に行って花を選ぶというところに最大の特徴があります。
実際に店舗に行く必要があるので、自分の生活範囲の中に日比谷花壇系列のお店があるかどうかで利用しやすいかどうかが大きく変わってきますね。
私は自宅徒歩圏と職場近くにそれぞれお店があったので、使ってみることにしました。
都心の方だと徒歩圏内に何店舗もあったりして日によって選べるということもあるかもしれません。

私が使っていたのは、1日に1本お花をもらえるというプランで、2020年1月に始めた頃は決まった花を手渡しされていたのですが、そのうち複数のお花から選べるようになりました。
人によって好きなお花とそうでないお花があると思うので、選べるのはよいですね。
その後、コロナの影響もあり、袋に入れてかけられているお花を自分でとり、スマホのQRコードを読み取らせるというセルフサービスになっていきました。
何種類かから選べるようになった時は嬉しかったのですが、なんだかちょっとずつお花の質が落ちていったような感じがして、個人的な印象としては手渡しされていた時の方が綺麗なお花だったような気がします。
ただ、店舗によって選べるお花の種類の数も違っていたので、私が使っていた店舗の問題かもしれません。
ちなみに都心に出かけた時に帝国ホテルなどの中にある店舗をわざわざ選んでみたこともありますが、さすがにセルフサービスではなかったです。

お店に受け取りに行くというのは、コロナ禍でおうち時間が増える中、外に出てリフレッシュするという良い面もありつつ、お花1本のために人混みに行くのはどうなんだろう?という迷いもありました。
また、お散歩がてらという感じで通っていましたが、毎日1本だけお花を受け取っていく客というのは、お店の人にはどう思われているんだろう?などと気になっていたところもあります。
次第にサービスの認知も広がってきて、同じような人がたくさんいたので、お店側からはあまり気にされていなかったのかもしれないのですが…。
そうこうするうちにサービスの改訂があり、プランの種類は増えたのですが、これまで私が使っていた1日1本もらえるというプランは月額1187円から1987円に値上げをされました。
毎日お店に通っていたら最大30本ぐらいのお花が受け取れて2000円弱なので、決して高くはないのですが(むしろ安い)、値上げ幅を大きく感じてしまい、他のサービスと比較してみようと思って一旦利用を中止することにしました。
利用中止はスマホアプリの操作だけで行うことができます。
価格によっていろんなプランがあるので、毎日の行動範囲にお店がある方(特に複数の店舗があればベター)や自分で見て好きなお花を選びたい!という方にはおすすめのサービスだと思います。

ブルーミーってどんなサービス?

続いて使ってみたのはブルーミーブルーミーライフから改名)というサービスです。
こちらは届くお花の量によって3種類のプランがあり、毎週か隔週かを選んで、支払い用のクレジットカードを登録すると、自宅に届くようになります。
初回は無料でお試しすることができました。
専用アプリもあるようなのですが、プランの選択をして申し込むだけなので、アプリは使わなくても特に問題ないと思います。

また、プランの変更やスキップなども都度行うことができるので、回によってお花の量を調整することもできます。
私もお試しの時はプレミアムプランという量の多いプランでお願いしましたが、実際に契約したのは体験プランという1番量の少ないプランでした。
体験プランは3本以上と書かれていましたが、3本で来たことはなく、我が家としては十分な量に思いました。
ただ、体験プランは宅急便ではないので、ポストに投函されます。
ポストへの配達は不在でも大丈夫といえばそうなのですが、小さめのポストだとちょっと無理矢理突っ込まれているように感じたこともあります。
また1度だけですが、夜遅い時間にポストに入っていて気づかなかったということもあったので、お花のポストインはちょっと心配かもしれません。

ブルーミーは自宅に届くのがありがたいのですが、お花代とは別に送料がかかります
体験プランの場合、お花代は550円なのですが、送料275円が加算されるので、1回あたり825円になります。
量の多いプランになるほど送料も高くなるので、プレミアムプランだと1回1870円かかるとのことで、ハナノヒよりだいぶ高くはなってしまいますね。
このように少々割高ではあるけれど、花の種類や組み合わせもお花屋さんが選んでくれているので、届いたものをそのまま花瓶に挿せばそれなりに決まるというのはとても楽でした。
お手軽さを重視する方にはとても使い勝手の良いサービスではないかと思います。

ピュアフラワーってどんなサービス?

続いてピュアフラワーというサービスを使ってみることにしました。
こちらはお店のスタッフが直接お届けに来てくださいます。
ただ代金もお届け時に現金で支払うというのが原則なので、ちょっと悩みました。
一応不在の場合には玄関あたりに置いておいてもらい、代金は振込というのも可能だとのことですが、玄関に置きっぱなしになってしまうと留守だということが丸わかりなのでちょっと気になります。
お届けの曜日や時間が選べないとのことでしばらく悩んだのですが、リモートワークで在宅の日も多い時期だったので、受け取れるかどうかわからないままにおそるおそる申し込んでみました。
申し込んだ後、お届けの曜日については担当店舗から連絡が入り、なんとか受け取りやすい曜日だったので安心しました。

お届けされる花はボリュームがあります。
これまで利用していたブルーミーの体験プランに比べると3倍ぐらいはあるのではないでしょうか。
1つの花瓶に生けるととても華やかになると思います。
我が家はそんなに大きな花瓶がないので、小分けにして玄関や洗面所、ダイニングテーブルなどに飾っています。
また、お花は新聞紙に包まれて茎が長いまま届くので、自分で飾りやすいように長さを調整する必要があります。
いつもお花屋さんに切っていただいていたので、あまり慣れていないのですが、なんとなくアレンジをしてみています。
徐々にセンスよく飾れるようになると良いなと思います。

月に2回届くのですが、料金は月毎にお支払いするとのことでした。
サイトには1回920円(月額1840円)と案内されていましたが、私のところに届けてくださる店舗は1回850円(月額1700円)です。
お店は家の場所によって決まっていて選べないので、他の店舗との違いはわかりません。
送料もかかりませんし、このお値段とボリュームで考えるととてもお得なサービスですね。
最低利用回数は6回と言われた(これは担当店舗により異なるようです)ので、3ヶ月間受け取りがスムーズにできるかなど様子をみながら使ってみたいと思います。
家の中の複数の場所に同じお花を分けて飾るようになって、場所によって花が開いていくペースも違うということに気づき、蕾で届いたものが徐々に開いていく楽しみもあります。
ただ、2週間おきのお届けなのですが、これからの季節は暑くなってくるので、途中で枯れてしまうことも多くなるのではないかと思っています。
そういった意味ではお花を受け取りに行ったり届けてもらったりする間隔を自分で選べるハナノヒやブルーミーの方が、絶え間なくお花を飾れると思います。
ただ、こちらのサービスはとにかくコスパが良いので、お花の受け取りやお支払いがスムーズにできる方、またアレンジを楽しめる方におすすめです。

おすすめのお花サブスクは?

このような形で、今のところ、3つのサービスを試してきました。
それぞれに特徴があり、自分のニーズによって使い分けると良さそうです。
私はしばらくピュアフラワーを続けていく予定ですが、受け取りが難しくなったらブルーミーに切り替えたり、また普通に出勤するようになったらハナノヒを検討してみたりするのもアリかなと思います。
そして足りない分は街中のお花屋さんで必要に応じて買い足すということができるとよいですね。
お花のある生活は心にちょっとゆとりが持てるように感じるので、おすすめです。

タイトルとURLをコピーしました