足の痛いパンプスからの脱出 アンドステディでオーダーメイド

皆さん、パンプスは心地よく履けていますか?
足が痛くなったりしていませんか?

仕事でパンプスを履く機会が増えてから、たくさんのパンプスを履いてきましたが、足の指が痛くならないパンプスなんて履いたことがありませんでした
でもそれは乗り越えなくてはいけないことのように思っていました。
世の中の大人の女性たちというのは、少々足が痛くても我慢してパンプスを履いていると思っていたのです。
ところがあまりにも足に合う靴がないので、オーダーしてみようとした時、これまでどんな靴を履いても足の指が痛かった理由がわかりました。

え?私の足って標準じゃなかったの?

靴のオーダーなんてセレブのやることというイメージで、自分の生活には関係のないことだと思っていたのですが、どの靴を履いても足の指が痛くなり、だんだん薬指や小指が曲がってきました。
爪も小さくなっていき、時に痛みも出るようになってしまったので、1度専門家に見てもらおうと、勇気を出してオーダーしてみることにしました。
オーダーを受け付けているお店として、銀座かねまつのセミオーダー、KiBERA、カルッツェリアホソノなどいくつかの名前を聞いたことがあったのですが、せっかくならフットカウンセリングも受けてみたいと思って、アンド・ステディというお店にお願いしてみることとしました。

お店に着いて、履いていった靴を脱いだ瞬間、スタッフの方に「細い足ですね」と言われました。
そんなこと、これまでの人生で言われたことがなかったのでとても驚きました。
(足が細いのであって、脚が細いわけではないのですけれど)
どんなお店でも靴を購入する時に、足の形は見ているはずです。
でも私は本当にこれまで1度もそんなことを言われたことがなかったので、私の足の形は標準だと思っていました。
スタッフの方は続けてこうおっしゃいました。
「後で測定してみますけれど、パッと見ただけで市販の靴は難しいだろうなという印象です」
え?そんな極端な感じなの?と思いながら話を伺いました。

ワイズって知っていますか?

まずフットプリントというものを取りました。
体重が足のどの部分にかかっているかをチェックするためです。
そうすると私のフットプリントでは、足の指の部分にはほとんど体重がかかっていないということが判明しました。
本来、歩く時というのは足の指まで体重を移動させ、指で地面を掴むような感覚とともに動かしていくのだそうです。
ところが私は指を使わずにぺたぺたと歩いていたというわけです。
体重移動がうまくいっているはずがありません。

そして親指と小指の付け根を繋いだ線を一周結んだワイズと呼ばれるものを測定してみると「A〜AAですね」と言われました。
靴のサイズにAと言われてもよくわかりませんでしたが、言われてみるとEとかEEと書かれた靴は見たことがあることを思い出しました。
日本人女性の平均はEなのだそうです。
E→D→C→B→A→AA→AAA…という順に幅の狭い足だということになります。
逆に幅の広い足はE→EE→EEE…といった並びです。
時々、3Eぐらいの靴の広告を見かけることがあり、とにかく痛くない靴を探していた私は気になったこともあったのですが、本当に買わなくてよかったです。逆効果になるところでした。

測定結果を手にお話をうかがってみると、日本では細めの靴として売られているのはCぐらいまでで、Bより細い市販靴に出合うのはまず難しいだろうとのことでした。
オーダーメイドを受け付けているお店の中にも、やはりあまりにも細い足に対応した木型を用意していないこともあるとのことでしたが、アンド・ステディではAAAAAまで対応しているとのことです。

前滑りを防ぐために大切なこと

このように私の足は標準よりもかなり幅が狭く、薄いということがわかりました。
そのため、市販の靴を買うと前に滑ってしまい、指が当たるので痛くなってしまっていたのです。
しかもそうすると踵は浮いてしまうので、「靴のサイズが大きいのかな?」と思って、1つ小さめのサイズを選んだこともありました。
その結果、ますます指が痛くなるという悪循環でした。

このようなことになるのを防ぐためには足の甲をしっかり固定することが必要です。
そのためにはパンプスのように甲の部分に抑えのない靴はあまり向いていなくて、甲までしっかり覆う靴、さらには紐を絞ることによって甲の部分を固定できることのできる靴の方が良いようです。
もしどうしてもパンプスという場合にはストラップがあると前滑りを防ぐことができます。

また靴だけでなく、歩き方も大きく影響しているということを教えていただきました。
これまで靴の中で足が固定されていなかったので不安定になり、左右の揺れが大きな歩き方になっていました。
そして靴が脱げないようにどこかかばうような動きになっていたのだと思います。
そこで、動きを見ていただきながら、ウォーキングレッスンもしました。
「歩く」って無意識におこなっているので、これがなかなか難しいのです。
これまでと違うところに力を入れて歩くのはとても疲れますし、上達には少し時間が必要です。
というか、私はまだマスターできていません。

どんな靴がオーダーできるの?

「市販のものでは難しい」と専門家に言われたので、諦めもつき、さっそくオーダーしてみることとしました。
当初、パンプスをオーダーしようと思っていたのですが、紐で甲をキュッと締める感覚が気持ち良かったので、レースアップシューズをオーダーすることにしました。
他にもスニーカーやブーツ、サンダルなども選ぶことができます。
種類によって多少異なりますが、大体1足3〜4万円ほどです。

靴の種類が決まったら革を選びます。
さまざまな色、柄、素材から選べるのですが、選択肢が多くてとても迷いました。
オーダーしている時に既に、次はこの素材でこんな靴を頼もうかしら?と妄想してしまうぐらいでした。
無難な色の靴もオーダーできるのですが、例えば同じ黒でもさまざまな素材があるので、見ているうちにせっかくだからちょっと遊びたいなと思ってくるのは不思議なものです。
せっかく自分だけの靴をオーダーするのですから、ありきたりじゃちょっとつまらないですものね。
生地によって靴との相性もあるので、その辺りはスタッフの方に相談しながら生地選びを行いました。

1ヶ月ほどで靴は完成し、その後の調整にも対応していただけます。
やはり細かなところは履いてみないとわからないので、自分の足の形や歩き方に合わせて微調整を行うということです。
私は歩く時にどうしても左右に身体が揺れがちだったので、それを抑えるためにインソールで調整していただきました。
インソールに助けてもらいながら、早く正しい歩き方ができるようになりたいものです。

足に合う靴ってとても大事!

さて、靴を変えてどんな変化が起こったでしょうか。
足の指が靴に当たるということがなくなりました。
日によって足の状態も違うので、感覚は日々違うのですが、これまで痛いのが当たり前だった日とは比べ物になりません。
ただ、靴だけを用意すれば全ての問題が解決するのではなく、自分の歩き方改善も必要だということもよくわかりました。

足の甲を締める感覚を知ってしまうと、これまで履いていたブカブカ靴はとてもじゃないけど履けなくなってしまいました。
これまでこの感覚を知らなかったということですね。
残念なことに、市販の靴売り場で買うことはとても難しいですが、逆に履けない靴を買わなくなったと捉えることもできると思います。
幸か不幸かデザインが好みだから買おう!という気軽な買い方ができなくなったので、靴を買う機会そのものは減りました。
オーダーの靴なんて高いと思っていましたが、少数精鋭になった分、かけるコストはあまり変わっていないかもしれません。

オーダーシューズのサービスも選択肢が増えているようなので、自分の足に合った靴ってどんな感触なのか、ぜひ試してみるのが良いのではないかと思います。
少なくとも1度しっかり自分の足のサイズを測ってみることはお勧めです。

タイトルとURLをコピーしました